札幌国際スキー場

札幌国際スキー場

□リフト料金□

 ●1日券
   一般 4,200円
   中高 2,100円
   小学 1,000円

 未就学児童は無料!

□営業期間□
 2015年11月下旬~
  2016年5月上旬まで。

詳しくは公式WEBで!
http://www.sapporo-kokusai.jp/


札幌国際スキー場

2015年12月27日(日) 気温 -15℃ 積雪 165cm

札幌国際スキー場にやってきました!

今季最強の寒波が到来した今日の北海道。
断続的に続く降雪と共に冷え込みが強まり、朝9時前のスキー場到着時で「-12℃」。その後、時間が経つにつれて気温は上がるどころか、むしろ降下…。日中、最も低い温度表示は「-15℃」でした。

そんな冬将軍にも負けず、今日の札幌国際スキー場は大賑わい!
かつてのスキーブームを彷彿とさせるゴンドラやリフト待ちの行列に、スキー人気絶頂の90年代頃から滑り続けてきたゲストたちからは思わず感嘆の声が上がっていました。

吹雪の為、写真が少し暗めですが、本日の様子をどうぞご覧下さい! [↑pic.1]

札幌国際スキー場

am 9:00。用具の準備を済ませてゲレンデへ繰り出す、スキーヤー・スノーボーダーたち。 [↑pic.2]

いざ、メルヘン第1リフトでファミリーコースへ。。。

札幌国際スキー場

リフトを降りると、極上粉雪の年末大売り出し中! [↑pic.3]

札幌国際スキー場

圧雪されたファミリーコースの表面に、約5cmほどのふわふわ粉雪。 [↑pic.4]

札幌国際スキー場

とっても柔らかい雪面に、早起きして一番乗りしたゲストたちが大喜びで滑り降りていきました♪ [↑pic.5]

札幌国際スキー場

続いて、スカイキャビン8に乗って山頂へ。 [↑pic.6]

札幌国際スキー場

すでに多くのスキーヤー・スノーボーダーたちで賑わい、ノートラックとはいかないまでも柔らかい雪面は変わらず。 [↑pic.7]

札幌国際スキー場

みんな気持ち良さそうにターンを描いていきました。 [↑pic.8]

札幌国際スキー場

お次は札幌国際が誇る急斜面・ダウンヒルコースへ。 [↑pic.9]

札幌国際スキー場

多数のトラックが刻まれて、一見テクニカル。 [↑pic.10]

札幌国際スキー場

ただ、滑ってみるとモコモコとした柔らかな雪山の連続。これはこれで楽しい不整地コンディションでした! [↑pic.11]

さて、一般的に風速1m/sで、体感気温は1℃下がると言われます。スキー場山頂付近の風速は「19m/s」とのアナウンス…。気温は「-10℃」以下。ということは体感気温「-30℃」?!
これは早めに、お昼です。

札幌国際スキー場

今季の札幌国際スキー場のトピックスのひとつ、ウッドペッカーの"焼きたてピザ"を食べたかったのですが、早すぎるお昼の為、まだ営業開始前…(;^_^A [↑pic.12]

札幌国際スキー場

今回は、ラビットの「カツカレー(980円)」に。もちろんボリュームたっぷりで大満足のランチ。午後の滑走の準備は万全! [↑pic.13]

札幌国際スキー場

体も温まり、外へ…と、目に飛び込んで来たのは…。 [↑pic.14]

札幌国際スキー場

スカイキャビン8乗り場からズラリと伸びる大行列! [↑pic.15]

札幌国際スキー場

メルヘン第1リフトもご覧のリフト待ちで大賑わいに!
低迷していると言われる昨今のスキー人気ですが、復活の兆しが見えてきたのではないでしょうかo(^-^)o [↑pic.16]

札幌国際スキー場

メルヘン第1リフトからスイングコースへ。 [↑pic.17]

札幌国際スキー場

最大斜度28°の急斜面ですが、全面パウダー状態の雪面に誘われて初中級者もチャレンジ! [↑pic.18]

札幌国際スキー場

スノーボーダーの親子も、しっかりターンを繰り返しながら滑り降りて行きました。 [↑pic.19]

札幌国際スキー場

最後にスイングコースを下部から望みます。この後、吹雪が強まり、本日はこれにて滑走終了。天気は吹雪、気温は極寒ですが、おかげでゲレンデコンディションは上々な1日でした。 [↑pic.20]

札幌国際スキー場

尚、本日は『親子DAY』。大人1日券+小中学生1日券がセットで 3,700円というお得な日。次回の親子DAYは、1月11日(祝)となっています。 [↑pic.21]


今回の寒波で積雪も増え、ブッシュや地形の露出が一切無い安定したコースコンディション水準に仕上がりました(o^ー')b♪

年末年始、ぜひご家族で広い札幌国際スキー場のゲレンデをお楽しみください!





2015年12月27日(日)


■ 雪山レポート写真元画像をご希望の方へ。 ■
こちらより、お問合せページをご覧ください(別窓で開きます)。

前のゲレンデレポートへ
次のゲレンデレポートへ