オリジナルTシャツ|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報

オリジナルTシャツ|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報

オリジナルTシャツ|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報

オリジナルステッカー|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報

オリジナルステッカー|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報

オリジナルTシャツ|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報


北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

2018年1月27日(土)
【天候:晴/雪 積雪:130~150cm 気温:-7℃】

『北海道スキー場巡り 2018』

今回は、SNOW Freaks初の函館エリア、『函館七飯スノーパーク』と『ニヤマ高原スキー場』へ行ってきました!

札幌から車で片道約4時間。札幌や旭川などからは気軽に行ける距離ではありませんが、本州のスキーヤー・スノーボーダーの皆様には、もしかしたら許容範囲なのでは?!

今までなかなか訪れることが出来なかったスキー場ですが、どちらのスキー場も素敵な魅力たっぷりの素晴らしいゲレンデでした。

それでは、SNOW Freaks初の函館エリアゲレンデレポートを、どうぞご覧ください! [↑pic.1]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

am 9:00。札幌を朝5時に出発し、ニセコ経由で走ること、ちょうど4時間。最初のスキー場『函館七飯スノーパーク』に到着しました! [↑pic.2]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

この日の天気予報は「曇」。駒ヶ岳の雄姿は少し諦めていたのですが、予報ハズレの晴れ間によって、ご覧の通り見事な駒ヶ岳を望むことが出来ました! [↑pic.3]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

『函館七飯スノーパーク』のベースからゲレンデ方面。正面のコースが「小沼コース」です。 [↑pic.4]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

山麓エリアを繰り返し滑走する際に活躍するのが、第1ペアリフト。全長996m。ナイター営業でも運行されるリフトです☆ [↑pic.5]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

ゴンドラへ向かおうとした時、背後の駐車場から賑やかな声。大沼公園駅~大沼駅~函館七飯スノーパーク間で運行されている無料シャトルバスが到着し、多くのスキーヤー&スノーボーダーがやってきたところでした!  [↑pic.6]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

さぁ、日本最長クラスの全長3,319mを誇るゴンドラへ。  [↑pic.7]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

ゴンドラ山頂駅は、あの山の向こう…? [↑pic.8]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

初級者でも山頂からのロング滑走を楽しめるコース設計とあって、賑わうゴンドラ乗場! [↑pic.9]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

ゴンドラ乗車中、背後には美しい稜線を伸ばす駒ヶ岳!  [↑pic.10]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

山頂方面は、輝く太陽に向かって!  [↑pic.11]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

のんびり空中散歩を楽しみつつ、山頂駅に到着です。  [↑pic.12]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

美しい霧氷の木々に囲まれたゴンドラ山頂駅周辺。  [↑pic.13]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

「しらかばコース」へ滑り出すと、目の前に駒ヶ岳が聳えます!  [↑pic.14]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

そして、この「しらかばコース」入口にあるのが、函館七飯スノーパークの目玉レストハウス"PEAK CAFE" ♪ [↑pic.15]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

その名の通り、見晴らしの良い山頂直下に建てられた綺麗なレストラン! [↑pic.16]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

そのテラスからは、駒ヶ岳・大沼・小沼・噴火湾、晴れた日には羊蹄山も望む、ご覧の大パノラマが広がります!  [↑pic.17]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

"PEAK CAFE"の中も気になりましたが、綺麗に整備された朝一番の「しらかばコース」の滑走へ。 [↑pic.18]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

途中、フォトジェニックな景色を探しつつ。。。 [↑pic.19]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

最大斜度 18度。全長2,000mの変化に富んだコースを快適滑走! [↑pic.20]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

続いて、山頂付近を効率的に楽しむ時に最適な、フード付き第1高速4人乗りリフトでスキー場最高地点へ。   [↑pic.21]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

スキー場最高地点からゴンドラ山頂駅を望みます。山頂駅の向こう側の青い部分は、すべて太平洋。このロケーションは凄い!!  [↑pic.22]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

美しい樹氷が物語る通り。。。 [↑pic.23]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

チャレンジコース上部にはパウダースノーが待っていました! [↑pic.24]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

『函館七飯スノーパーク』の中間~山麓コースを滑走中、思わずターンを止めて見入ってしまう光景が。。。 [↑pic.25]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

この巨大なトドマツ林!p(^^)q  [↑pic.26]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

まるで海外のスキーリゾートにいるかのような雰囲気すら感じる、とても美しい林間コースが揃っています。 [↑pic.27]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

最後まで林間コースかと思えば、最下部はご覧のオープンバーン! [↑pic.28]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

[↑pic.29]

子供も大人も、初心者も上級者も、スキーヤーもスノーボーダーも。 あらゆるゲストたちを満足させるコースと施設を備えた『函館七飯スノーパーク』。ローカルスキー場と言っては失礼なほどのビッグゲレンデを持つ、とても楽しいスキー場でした!

まだまだ滑りたい気持ちを抑えて、向かった先は。。。

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

『ニヤマ高原スキー場』。  [↑pic.30]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

地元・北斗市出身の元アルペンスキー日本代表・佐々木明さんが、『スーパーホーム』と称するスキー場です!  [↑pic.31]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

こちらがゲレンデマップ。現在は高速4人乗りリフトを中心に、全4本のリフトが運行中です。  [↑pic.32]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

山麓の「ファミリーゲレンデ」に架かる第1Aシングルリフトと高速4人乗りリフト。  [↑pic.33]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

その設備には年季を感じますが…。  [↑pic.34]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

まだまだ現役で稼働中です! [↑pic.35]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

趣のある乗場の高速4人乗りリフトに乗って、ゲレンデ上部を目指します。 [↑pic.36]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

高速4人乗りリフトを降りると、味のあるコース看板。 [↑pic.37]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

更に気になるコース看板…。 [↑pic.38]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

誘われるように第2ペアリフトに。 [↑pic.39]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

かつては、更に上部に第3ペアリフトがあった様子ですが、現在は第2ペアリフト山頂が、最高地点。 [↑pic.40]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

第2ペアリフト山頂にあるコース看板なのですが…。雰囲気で感じましょう (;^_^A  [↑pic.41]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

山頂リフト運行終了時刻の16時が近付いていたこともあり、素直にメインと思われる「ダイナミックコース」へ。晴れていれば、写真右奥に函館市街と函館山が見渡せるはずでしたが、雪雲に覆われていました。  [↑pic.42]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

「ダイナミックコース」中腹から、コース上部を見上げます。全面非圧雪で斜度もあり、降雪後は最高のパウダーエリア☆  [↑pic.43]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

同じ場所から、コース下部を見下ろします。写真中央に見えるのが、山麓から伸びる高速4人乗りリフト降り場。そのすぐ隣に第2ペアリフト乗場が小さく見えます。  [↑pic.44]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

「ダイナミックコース」「FISコース」「ふりこ沢コース」すべてが交わる中間から山麓部分。油断禁物の急斜面が続くハードバーン!  [↑pic.45]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

最後にもう1本、運行終了ギリギリの第2ペアリフトに乗り、あの「山道コース」へ。滑走距離は、なんと4,000m!! 右へ左へ、冒険気分が楽しめる超ロングコースです♪ [↑pic.46]

北海道スキー場巡り 2018 ~函館七飯スノーパーク・ニヤマ高原スキー場~

「山道コース」から山麓へ滑り降りると、すっかり薄暗くなり、雪が舞いはじめていました。 [↑pic.47]


今回訪れた「函館七飯スノーパーク」と「ニヤマ高原スキー場」。どちらも『また来たい!』と素直に思う、素晴らしいスキー場でした!

皆様も機会がありましたら、ぜひ函館エリアのゲレンデを滑ってみてはいかがでしょう(o^ー')b♪



● 函館七飯スノーパーク
WEB:http://hakodate-nanae.jp/


● ニヤマ高原スキー場
WEB:http://niyama.grow8.com/




2018年1月27日(土)


■ 雪山レポート写真元画像をご希望の方へ。 ■
こちらより、お問合せページをご覧ください(別窓で開きます)。


前のゲレンデレポートへ
次のゲレンデレポートへ