札幌藻岩山スキー場

札幌藻岩山スキー場

□リフト料金□
 ●7時間券
        3,400円
 ●5時間券
  中学生以上 2,900円
  小学生以下 2,400円

家族連れから上級者まで楽しめる変化にとんだ10コース。ほぼ全コースナイター設備完備。美しい夜景を見ながらのナイタースキーも人気。スノーボードは全面禁止なので思う存分スキーを満喫できます。

詳しくは公式WEBで!
www.rinyu.co.jp

オリジナルTシャツ|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報

オリジナルTシャツ|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報

オリジナルステッカー|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報

オリジナルステッカー|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報

オリジナルTシャツ|北海道スキー・スノーボード・ゲレンデ積雪情報


札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

2017年1月29日(日)
【天候:快晴 積雪:140cm 気温:-6℃】

札幌藻岩山スキー場にやってきました!

今日の札幌藻岩山スキー場上空は、最高の青空 (^0^)/

この晴天のおかげで、スキー場各所から札幌市街を眼下に望む大パノラマを楽しむことが出来たり、ゲレンデには子供たちの笑顔が溢れたり、寒さもへっちゃらだったり、と良い事ばかり!

"スキーヤーだけ"がその魅力を堪能出来る、札幌藻岩山スキー場。本日の様子を、どうぞご覧ください![↑pic.1]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

午前8:20。駐車場に到着。木々の間から、眩い朝日が降り注ぎます。 [↑pic.2]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

ゲレンデへ向かうと、雲一つ無い青空の下に真っ白な雪。 [↑pic.3]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

昨年12月に記録的な大雪があり、積雪は豊富。ほぼ全面滑走可能の札幌藻岩山スキー場! [↑pic.4]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

絶好のスキー日和を迎えて、リフト営業開始前にもかかわらず、第1リフトには行列が出来ました! [↑pic.5]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

午前8:30。待望のリフトが運行開始です! [↑pic.6]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

第1リフトを降りて振り返れば。。。 [↑pic.7]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

まだ朝の紅色が残る東の空に、コーデュロイ模様の雪面が輝いていました! [↑pic.8]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

滑りたい気持ちを抑えて、第2トリプルリフトに乗り継ぎ。山頂へ向かいます。 [↑pic.9]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

ぐんぐん登って高度を稼ぐ、第2トリプルリフト。 [↑pic.10]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

そして、山頂に降り立てば、ご覧の景色☆ [↑pic.11]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

昨日の降雪が残り、木々は真っ白に雪化粧。 [↑pic.12]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

初級者も安心して滑走出来る『観光道路コース』へ滑り込むと。。。 [↑pic.13]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

標高わずか500mとは信じられない、素晴らしい景色を見ながらの滑走が楽しめます♪ [↑pic.14]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

どこを見ても、気分も晴れ晴れ! [↑pic.15]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

いつまでも見ていたい絶景です。 [↑pic.16]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

『観光道路コース』から分岐して、『からまつコース』へエントリー! [↑pic.17]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

幅広コースの中で、圧雪車2台分ほどの幅だけがグルーミング。その他のエリアは、未圧雪です。 [↑pic.18]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

天然ハーフパイプのような地形のコースは、手強いながらも楽しい急斜面! [↑pic.19]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

コース下部から上部を見上げます。すると、コース脇に柔らかそうな雪が残る部分が…。 [↑pic.20]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

新雪量こそ少なかったものの、ふんわりと浮力のある雪が残っていました♪ [↑pic.21]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

朝の気温は、-6℃。未圧雪部分の雪質は、もちろん「パウダースノー」! [↑pic.22]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

最高の天気と良好な雪質に、子供たちも臆すること無く、急斜面を滑り降りてきました p(^^)q [↑pic.23]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

続いて、札幌藻岩山スキー場の名物コース『うさぎ平コース』へ。 [↑pic.24]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

山麓の市街地とは、この距離感! [↑pic.25]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

ゲートのように聳える針葉樹の間を抜ければ、インパクト抜群の眺望が広がります! [↑pic.26]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

右手には、真駒内アイスアリーナ。 [↑pic.27]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

左手には、札幌市中心部の高層ビル群。 [↑pic.28]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

こんなロケーションの中でスキーが楽しめるのは、札幌藻岩山スキー場ならでは! [↑pic.29]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

すり鉢状の『うさぎ平コース』をコース脇から撮影しようとするも、広すぎて全景がファインダーに収まりません。。。 [↑pic.30]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

その広~い斜面の中に、名物のコブが成長中。 [↑pic.31]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

上から下までラインを外さずにコブを完走出来たら、滑りに自信が付くこと間違い無しΦ(.. ) [↑pic.32]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

午前10時を過ぎ、スキースクールの受講生が目立ち始めた『ファミリーコース』。 [↑pic.33]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

再び、山頂へ戻り、『観光道路コース』を経由して…。 [↑pic.34]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

『クリスタルコース』に到着。 [↑pic.35]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

ここはカービングターンの練習に最適な中斜面! [↑pic.36]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

キレッキレのターンを繰り出す大人たちに負けじと。。。 [↑pic.37]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

ボーゲン直滑降で滑り降りるキッズの姿!やっぱり楽しいのがイチバンです (o^ー')b♪ [↑pic.38]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

ふと、『ファミリーゲレンデ』へ目を移すと、リフトもゲレンデもたくさんのスキーヤーで大賑わい! [↑pic.39]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

ちなみに、『ファミリーゲレンデ』に架かる第1リフトは、シングルリフトとペアリフトが並んで架かる、今では珍しいレイアウト。実は、シングルリフトのほうが、ちょっぴり速かったりします。。。 [↑pic.40]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

日中、気温が0℃近くまで上がり、さすがに木々の雪も解け始めてきました。 [↑pic.41]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

こちらは、上級者コース『ダイナミックコース』入口。北海道らしい雄大な眺めに、みんな思わず立ち止まります。 [↑pic.42]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

全長2,620mにも及ぶロングコース『観光道路コース』は、子供たちの格好の遊び場☆ [↑pic.43]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

遊びに夢中になるあまり、コース下部にあるセンターハウスへ戻る為の『連絡路コース』へ入り損ねると…。 [↑pic.44]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

大きなヘアピンカーブが待っています♪ [↑pic.45]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

夏場は車道になる『観光道路コース』ならではのコース形状です。 [↑pic.46]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

そして、『観光道路コース』のゴールは、南斜面の『パノラマコース』下部。山頂の真っ白な光景が広がる林間コースが、なんとここまで続きます! [↑pic.47]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

斜面全体が南を向いている為、いつも明るく、太陽が照ると暖かい南斜面エリア。 [↑pic.48]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

第4トリプルリフトで、効率良く滑走出来ますよ。 [↑pic.49]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

最後に、先ほど上部から景色を楽しむだけだった『ダイナミックコース』へドロップイン。 [↑pic.50]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

コース上部の急斜面&コブに遮られ、滑走するスキーヤーが少ない『ダイナミックコース』。コース中間部脇は、正午過ぎでもノートラックのパウダーが残っていました! [↑pic.51]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

午前11時前には駐車場が満車になるほどの賑わいを見せた今日の札幌藻岩山スキー場。初心者専用ゲレンデ『なかよしひろば』も多くのスキー&雪遊びを楽しむファミリーで賑わっていました! [↑pic.52]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

お父さんの仕草を見よう見まねで滑るキッズたち。きっと今日は最高のゲレンデデビューになったことでしょう♪ [↑pic.53]

札幌藻岩山スキー場 『青空』が最高に似合うゲレンデ☆

[↑pic.54]

札幌市民のスキーヤーたちに、
とっても身近で、
ずっと愛されている札幌藻岩山スキー場。

青空の下で弾ける、
みんなの笑顔が良く似合うゲレンデですъ(^ー^)good




2017年1月29日(日)


■ 雪山レポート写真元画像をご希望の方へ。 ■
こちらより、お問合せページをご覧ください(別窓で開きます)。

前のゲレンデレポートへ
次のゲレンデレポートへ