井山 敬介

井山 敬介
【PROFILE】
Keisuke Iyama
1978年生まれ、北海道出身。
幼少の頃から地元・富良野の雪に戯れて育つ。アルペンレーサーとして実績を残し、高校時代にはナショナルチームに所属。ワールドカップにも出場を果たす。2000年から技術選に参戦。毎年着実に順位を上げ、05年にトップ10入りを果たしたあと、07年に初優勝、08年には総合2連覇を達成。13年の第50回大会では総合7位を獲得している。さまざまなフィールドのスキーヤーと交流を持ちながら、子供から大人まで、枠にとらわれないスキーの魅力を伝えている。全日本ナショナルデモンストレーター4期、ばんけいスキー学校所属

井山敬介 公式 WEB
井山敬介 公式 BLOG

エスケーワン

およそ200万人の人々が暮らす北海道札幌市。冬には約6mの積雪がある。200万人都市に約6mという積雪があるのは世界的にも類を見ない。毎年2月に盛り上がる雪まつりは札幌市の風物詩となっている。

全国各地ですばらしい雪が降る、わが国・日本。初雪の朝、カーテンを開けると窓から見えるいつもの景色がまっ白に変わっていることに、思わずテンションが上がってしまうのは子供の頃から変わらない。 朝日と真っ白な雪の光が目を覚ましてくれるような感覚がたまらない。スキー・スノーボードが好きな人にとってはもちろんのこと、雪国に住んでいる人にとっては冬の暮らしの一部となっている“雪”。

ただ悲しいことに、僕たちスキーヤーにとっては最高の“雪”が、スキー・スノーボードをやらない人たちにとっては、少し厄介な存在というイメージになっているのも現実だ。 たしかに大雪が降った日には除雪や外に出かけるたびに大変な思いをすることもある。 しかもここ数年は、スキー場の閉鎖やスキー人口の減少などあちこちで残念な声が聞かれ、そのことがイメージダウンに追い打ちをかけているのかもしれない……。

ということで、スキーを好きになってもらう前に“雪”を好きになってもらい、その後にスキーを好きになってもらおう! と、単純な発想ではあるが、3年前から僕たちは動いている。

まずは子供たちに雪やスキーの魅力を伝えたい。

今シーズンは僕と、エベレスト登頂にも成功しているプロスキーヤーの児玉毅さん、フリースキーヤーでスキー・スノーボードDVD『BUILD』の製作でもおなじみのDAIGO(伊藤大悟)の3人で、少しでもスキーに関心を持ってもらい、子供のスキー愛好者を増やすことを目的に活動している。編集した映像を見せたり、道具に触れてもらったり、跳び箱と板を使って急斜面体験をしてもらったりと、雪とスキーについて、子供たちはもちろんのこと先生たちにも知ってもらえるように、みんなで知恵を絞って行なっている。

そのなかで、スキーのすごいところ、カッコイイところ、楽しいところを知り、スキーをすることが自分にとってどんなに幸せなことなのか、そして好きなことをとことんやるって楽しそうだなと思ってもらえたら最高だ。

そうして、スキーの話題を背骨として、北海道は世界一恵まれていること、スキーとだけではなく、雪と触れ合うことの魅力などを、頭で考えるより感じてもらえるように『SK1・雪育せんせいキャラバン』というチームを組んで、札幌市の小学校に出前授業をさせてもらっている。うれしいことに、札幌市教育委員会が掲げる指導要領のなかに、地域の特徴を活かした教育をしていこうという風潮があり、おもに3つのテーマに力を入れている。

「読書」、「環境」、そして「雪」である。

授業が始まり、まずは子供たちに「雪は好きですか?」という質問をしてみる。すると、約半分くらいの生徒しか手を上げない。好きじゃない理由には「寒い」「冷たい」「雪かきがめんどくさい」という声がち らほらと聞こえてくる。

ところが、「じゃあ初雪が降って、カーテンを開けたら窓の外が真っ白になっていたらテンション上がる人〜?」と聞くと、なんとほぼ全員が手を上げた。「なんだよぉ〜みんな雪好きな んじゃないか!」と僕らが言うと、子供たちは笑顔になる。

そのあとは雪やスキーのクイズをしたり、世界地図を見ながらオリンピックを開催したことのある大都市の年間降雪量などを紹介。札幌の降雪量が圧倒的に多いことに子供たちも誇らしげになる。DAIGOがこの授業のために特別に編集した映像で僕たちの滑っている姿も観てもらう。そのなかには世界で戦うアルペンレーサーの佐々木明選手からのメッセージも入っていて、子供たちも先生たちも大興奮。また、僕たちが雪山で実際に使っている道具をひとつずつ説明しながら紹介する。児玉毅さんが“エベレストの石”を見せると、みんなの目が丸くなる。とにかく真っ直ぐに伝える。

授業の最後に、あらためて子供たちに聞いてみる。

「雪が好きな人? 好きになった人?」。

すると、ほとんどの子供が勢いよく手を上げてくれる。先生たちも上げてくれる。雪とスキーを好きになってくれた人が増えたと実感する。

まだまだ授業の内容も話し方も努力が必要だけれど、精進して、スキーと雪山が大好きな僕たちにしか伝えられないことを伝え続けていきたい。そして全国でこういった活動が広まればいいと真剣に思っている。まだ始めたばかりで、目立った活動として扱われがちだけれど、数年後には全国で当たり前になっていると信じたい。




● 記事提供=月刊スキージャーナル

井山敬介「神様がくれた雪山に感謝!」vol.24 雪育せんせいキャラバン
SKI journal 2012年1月号掲載
スキーヤーのためのスキー総合情報サイト 「スキーチャンネル」

前の記事へ
次の記事へ


top