井山 敬介

井山 敬介
【PROFILE】
Keisuke Iyama
1978年 北海道生まれ
幼少の頃から地元・富良野の雪に戯れて育つ。アルペンレーサーとして早くから頭角を現わし、札幌第一高校時代にはナショナルチームに所属、ワールドカップに出場するなど、数々の実績を残す。
2000年から技術選に参戦。
毎年着実に順位を上げ、2007年はみごとに初優勝、そして2008年には連覇を飾る。

全日本ナショナルデモンストレーター、ばんけいスキー学校所属

井山敬介 公式 WEB
井山敬介 公式 BLOG

エスケーワン

アルペンレースから技術選に参戦するようになって数年間は、フリースキーで自分の滑りを伝えることのむずかしさに悩んでいた。

どうしたら観ている人たちに感動してもらえる滑りができるのか?

いわゆる「魅せるスキー」のむずかしさに直面していた。滑っていても楽しいはずのスキーが息苦しく感じることもあった。
そんなときに友人が持って来た一本のビデオに出会った。

『icon』。

心地よい音楽に合わせて、ふっかふかのパウダーのなかを気持ち良さそうに軽快に、しかも地形を利用してかっこ良くスプレーを飛ばしながらターンを決めてくる。
スケールの大きい斜面や雪の量はもちろんだけど、何より出演しているスキーヤーやスノーボーダーが楽しそうに滑っている姿に魅了された。

まるで、その場にいるかのようにさえ思えた。と同時に、自分自身は心からスキーを楽しんでいるのか?と自問自答した。
そこには楽しむことを忘れていた自分がいた。

隣で一緒に観ていた友人に「これってすごくない?」と聞いてみた。
するとその友人は、「すごいって思うなら技術選でもこうやって滑れば」と言ってくれた。後ろから思いっきり後頭部を殴られたような感覚だった。

「お前の滑りはお前にしかできないんだし、こんぐらいできるべ!」。

友人に背中を押された。

それから『icon』 が好きになり、いや大好きになり、いつかは『icon』 のなかで滑りたいと強く思うようになった。その想いが通じたのか、ビッグマウンテンスキーヤーの佐々木大輔さんに出会い、『icon』のカメラマン・関口雅樹さん(ケニアさん)を紹介してもらった。

そして昨シーズン、北海道の雪山でケニアさんに撮ってもらった。
最高に楽しかったし、何より楽しむために努力することの大切さを教えてもらった。

ケニアさんは「楽しむための努力って絶対に必要なんだよ。俺も自分が楽しむために努力するし、その努力ってつらくないんだよね。『icon』という作品を作ることは大変だけど楽しいよ。『icon』 を通じて俺たちは雪山のありのままを伝え、その瞬間をわかち合う。それが俺たちの目的だから。かっこ良く! 気持ち良く! 楽しく滑ることが大切なんだよ」と話してくれた。

「スキーを楽しむ」ということは与えられるものではないし、与えるものでもない。お互いが一緒に楽しむ努力をしてこそわかち合えるものだから。

「スキー界の発展のために、みんなで盛り上げよう!」なんてことを言葉にするのは簡単だけど、やるとなると簡単じゃない。簡単じゃないからこそ待っていても始まらない。

「技術選とバックカントリーって通じるものがあるんですか?」って質問をしてくる人には、僕は「まずはやってみてください」と言っている。同じスキーなんだから通じるはず。

技術選、アルペンレース、バックカントリー、テレマーク、モーグル、スキークロス、ジャンプ、コンバインド、クロスカントリー。みんな同じスキーなんだから!

神様がくれた雪山で、思いっきり楽しむ努力をして、最高のスキーをしてこそスキー界が盛り上がると信じている。

「『icon』 は、パウダーやバックカントリーだけじゃなくて、その滑り手が一番力を発揮できる状況で撮影をしていきたい。たとえば敬介君なら、まずは整地で撮ってみたい。それから、アルペンレースや、コブ斜面をカッコ良く滑ってくるシーンも撮ってみたい」(ケニア)。

いつも貪欲に、雪山の最高のシーンを求めているケニアさんに、冬は東京に何日くらいいるんですか? と聞いてみた。

「東京? 冬は移動のついでに帰るくらいかなぁ。ひと月に3日もいればいいほうだよ」と言っていた。

この行動力は作品を創る職人としてのプライドなのか、自分が楽しむための努力なのか、今度会ったときに聞いてみよう。

技術選で「魅せるスキー」に答なんてものはない。その答を探し続けて僕たちは滑っている。楽しむために滑ったときにだけ魅せるスキーができるのか、楽しむための努力をしたら答が見えてくるのか。

皆さんは、どう思いますか?




● 記事提供=月刊スキージャーナル

井山敬介「神様がくれた雪山に感謝!」vol.2 スキー、楽しんでますか?
SKI journal 2007年11月号掲載
スキーヤーのためのスキー総合情報サイト 「スキーチャンネル」

前の記事へ
次の記事へ


top