北海道ゲレンデ情報 SNOW Freaks TOP  > 富良野スキー場

北海道スキー場ゲレンデ情報

富良野スキー場

富良野スキー場

FISワールドカップ大会も開かれた国際的なスノーリゾート。

富良野スキー場は、富良野の町のどこからでも目に入る場所に位置し、富良野の冬のシンボル的な存在となっています。

富良野スキー場は大きく<北の峰ゾーン>と<富良野ゾーン>とに分かれ、ふたつのスキー場がリフトとコースでつながっています。
北の峰ゾーンは変化に富んだコースバリエーションを有し、<振子沢コース>は自然の地形そのままのコースで、パウダーあり、エアあり、天然のハーフパイプありと滑走ラインによって様々な滑りが楽しめる名物コース。
そして、<プレミアムゾーン>とされるかつての<熊落としコース>は、その名の通り熊も落ちるような急斜面。ゆえに雪崩の危険が伴い、安全が確認された時だけオープンする"幻"のコースです。ただ、オープンされている時は極上のパウダースノーが約束されていることを意味するので、技術に自身のある方には絶対おススメのコースです。その他の<北の峰ゾーン>各コースは富良野の町を見下ろしながらの滑走が可能で、爽快なスキー&スノーボードが楽しめます。

一方、近代的な新富良野プリンスホテルがベースにそびえる<富良野ゾーン>にある101人乗り富良野ロープウェーに乗ると、雪を被った美しい原生林に囲まれた標高1,000m以上の別世界に到着。見事な白樺と常緑樹の樹林帯を抜ける神秘的なコースを堪能することができます。

また、雪質は北海道の中にあっても随一。1月~2月の厳冬期の気温は-30℃近くまで冷え込み、ゲレンデは一面の極上ドライパウダースノーに覆われます。

富良野スキー場は、本州と比べ低山の多い北海道のスキー場の中で、標高差が大きく、距離の長いロープウェイ・ゴンドラ・リフトが効率良くレイアウトされているため、北海道ではなかなか味わうことのない "ダウンヒル" 感覚を楽しめる貴重なスキー場でもあります。

Furano Statistics
Summit Elevation (山頂標高) 1,209m(3,966')
Village Base Elevation (山麓標高) 260m(853')
Skiable Vertical (標高差) 949m(3,113')
Longest Run (最長滑走距離) 4,000m
Terrain Type (ゲレンデ構成) 40% novice (green circle), 40% intermediate (blue square), and 20% expert (black diamond)
Terrain Park (テレインパーク) -
Types of Lifts (リフト) 10 lifts total including 3 high speed lifts
Official Web (公式ホームページ) http://ski.princehotels.co.jp/furano/